お金と人生の流れを変えよう!!

ゆとりある最高の人生にしよう!

お金と心を扱える数少ないファイナンシャルセラピストのブログ

ETF積立投資の途中経過 ☆ 2020/10/03

いつもお越し頂きありがとうございます。

兵庫県川西市のファイナンシャルセラピスト、薬師川です。

 

 

10月始まってますね。

2020年のラストスパートできてますか。

できてないって方は、今すぐ手帳を開いて予定を立てましょう!

 

お金と人生を自由で望み通りのものにする手帳術、カウンセリング承ります。

 

 

【毎日コツコツETF積立投資】

さて、本題はETFの積立投資です。

私がいくつかご提案する積立投資の中で、最もオススメなのがETFの積立投資です。

 

ETFとは何か。

株のように売買が簡単で、投資信託よりも早く売買でき、投資信託のように分散投資できる。

そんな優れものです。

 

優れものですが、一獲千金を狙うようなトレードをする商品ではありません。良くも悪くも分散投資なので、マイルドな値動きしかありません。

 

ですので、資産形成の土台にはうってつけだと思います。

 

 

【私のポートフォリオ

選定理由は過去記事にも記載しておりますので、ここでは割愛します。

 

保有しているのは、6本です。

 

1475

国内株ETF

iシェアーズ・コア TOPIX ETF

分配金:33円 (直近1年)

 

 

1478

国内株ETF

iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF分配金:57円 (直近1年)

 

 

1476

不動産ETF

iシェアーズ・コア Jリート ETF

分配金:70円 (直近1年)

 

 

1482

国債ETF

iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETF

(為替ヘッジあり)

分配金:48円 (直近1年)

 

 

1655

外国株ETF

iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF

分配金:31円 (直近1年)

 

 

1659

不動産ETF

iシェアーズ 米国リート ETF

分配金:54円 (直近1年)

 

 

ポートフォリオ考察】

日本とアメリカに偏っている、そう批判することもできるポートフォリオです。

 

例えば、コロナウイルスか何かで、世界の分断が進み、アメリカが大国でなくなるようなリスクも考えられます。

 

ですので、上記の保有ETF以外にも、ヨーロッパやアジアの株式に連動するETFも日々値動きを監視しています。

 

それらには、値動きに逆相関が認められません。つまり、上がるのも下がるのも一緒でした。

 

ですので、今のところ買う予定はありませんが、来年にでも大きく下げてきたら、そこで買うかもしれません。

 

相場は生き物です。私の予想ではなく、相場が

全てです。月曜日には買ってるかもしれません。そんなもんです。

*投資判断は自己責任です。

 

 

 

 

【私のポートフォリオ総額は6万円】

私のポートフォリオの総額は、実は大したことはなく、6万円程度です。ETFの残高が6万円です。

 

背景としては、アメリカの株価がコロナ前の高値を更新したタイミングで売却しているからです。

 

毎月、証券会社の口座には定額を入金しています。つまり、買い付けが間に合っていないのです。なぜなら、私のルールでは、下げた日にしか買ってはいけないからです。

 

だからETFの残高は少なく、現金が多いのです。これが良いのか、悪いのかは、誰にも分かりません。

 

私は、つみたてnisaもやっています。あちらの口座では、毎月定額で勝手に自動で積み立ててくれています。

 

ですのでETFは機動的な売買をしています。投資スタイルを口座により分けている、これも分散投資ですね。

 

 

ポートフォリオ分配金利回り】

私は複利運用を行います。

ETFの選定では、分配金の出るものを選んでいます。

 

私のポートフォリオだと、去年の分配金実績をそのまま当てはまると、年間1,747円の分配金が得られます。税金が引かれるので、手取りは減ります。

 

1,747円の分配金が得られるなら、分配金利回りは2.8%ですね。

 

高くはないですが、もらえることはありがたいですね。

 

もう少し買い増しして、ETF残高を増やさないと、分配金でETFを買う複利運用には届きません。下がればまた買い増しをしていきます。

 

 

【今後の積立方針】

2020年も残り3ヶ月となりました。

積立ETFとしては、引き続き下げた日に買うことだけを続けていきます。

 

アメリカ株が下げ始めて1ヶ月、下げたところだけを買って、ようやく6万円の残高です。毎日買ってもしれてますね。

 

これからアメリカ大統領選挙があるので、相場にも動きが出てくるかもしれません。

 

下げたら買う、下げたら買う。

ただそれだけです。